新型脱毛医療機器メディオスターNexTPRO長所

新型脱毛医療機器メディオスターNexT PROについて紹介しています

月別: 2017年5月

通院期間が短くすむ

もうひとつの特徴として、脱毛期間が少なくて済むことです。メディオスターNexT PROでは、2種類の波長が違うレーザーを照射するため、効率よく脱毛をおこなうことができます。波長が違う2種類のレーザーを同時に照射することには理由があります。毛包とバルジは違う箇所に存在しているため、毛包とバルジの位置に合わせた2種類のレーザーを照射し、より効率的な脱毛を実現しているのです。

加えて、毛根を破壊する方式のレーザー脱毛の場合、毛周期に合わせながら脱毛をおこなわなければなりません。毛は、休止期、成長期、退行期の順にサイクルが存在し、毛根を破壊する場合は成長期に合わせておこなわなければ、効果が薄いとされています。毛根を破壊する方式は、毛の黒色を判別してレーザーを照射するため、黒色が強くでる成長期におこなわなければ効果が薄いとされているためです。しかし、バルジと毛包に関しては、毛周期に関わらず常時存在し、加えて、色の判別が必要ありません。そのバルジと毛包を破壊するメディオスターNexT PROであれば、毛周期を問わず施術ができるため、施術のために通院する期間の短縮を実現しています。

しかし、脱毛用医療機器は生産台数が少なく、値段も高価で、なかなか普及が進んでいないという現状があります。しかし、普及が進めば、メディオスターNexT PROは従来の機器に取って代わる可能性のある存在として注目されています。

肌への負担が少ない

メディオスターNexT PROの特徴として、まず、痛みが少ないことが挙げられます。痛みが少ない理由として、メディオスターNexT PROに備わった機構が大きく関係しています。従来のレーザー脱毛では、毛根をレーザーで焼き、毛が生えてこないようにするものでした。しかし、メディオスターNexT PROは毛根を直接破壊するのではなく、バルジ(毛隆起)と毛包と呼ばれる、発毛を促す因子を持つ部分を同時に破壊します。毛根を破壊する場合は、それなりのレーザー出力が必要となるため、痛みを伴うものでした。しかし、バルジと毛包を破壊するのであれば、毛根を破壊する場合より少ないレーザー出力ですむため、痛みが少ないとされています。

加えて、バルジを破壊するために、皮下にじわじわと熱を加えていく蓄熱式と呼ばれるレーザー照射法を採用しています。従来であれば、どうしても熱が溜まっていき、熱く感じてしまうものでしたが、メディオスターNexT PROはレーザー照射口の横に冷却機構が付いています。この冷却機構が照射口と一緒に肌に当たるため、熱さを感じることがなく脱毛がおこなえるようになっています。脱毛で一番痛みを感じる部分が口ヒゲといわれています。しかし、口ヒゲに関してもあまり痛みを感じずに脱毛をおこなうことが可能となっています。